気軽に利用できる

内科は誰でも気軽に訪れることができる医療機関です。保険治療を行なっているので患者の医療負担額は少なくて安心できます。現在は内視鏡やレントゲン検査などを導入しているところも多いです。

眼精疲労の緩和

眼精疲労はテレビやパソコン、スマートフォンの画面を見ていくことで目に疲れがたまっている状態です。目を温めることでも疲労回復の効果があり、サプリメントを摂取することで疲労改善することもあります。

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群は原因のわからない疲労感が続くことで、ひどい時は動くのも困難になります。薬物療法がメインに用いられ、抗うつ剤や抗不安剤の投与が行われます。他にも食事やサプリメントで栄養素の補給を行なっていきます。

病院の紹介

行きつけの内科医院について。

私が風邪をひいたりインフルエンザになった時に行っています掛かりつけの内科医院についてお話します。その掛かりつけの内科医院は自宅から車で約15分のところにあります小さな病院であります。内科以外に皮膚科や泌尿器科や耳鼻科などがありますが、内科以外の皮膚科や泌尿器科や耳鼻科は主治医の先生が大学病院から来て診察してくれますので内科は毎日診察出来ますが、内科以外は決められた曜日しか診察することが出来ません。私はいつも内科を受診する時はこの病院で診察してもらっています。自宅近くには大きな総合病院もありますが、そちらで内科を受診すると待ち時間が2〜3時間することもありましたので、この小さな病院で診察を受けてもらっています。

その他通院の病院について。

この小さな行きつけの病院の方は待ち時間が長くても1時間程度ですので、待ち時間も少なくて済みとても助かります。どうしても体調が悪い時に病院に行きますので、待ち時間が長いほど辛いものはありません。その点この小さな行きつけの病院は待ち時間が少なくて済み、そして診察もしっかりと行ってくれますので、いつも利用させてもらっています。また私は別に心療内科の病院に通院しています。仕事上でのストレスから心身の不調と不眠が続き、この心療内科の病院で診てもらっています。最近はいろいろなストレスから心の病を発症させる方が多くいることもあり、病院はいつも混雑して待ち時間も3〜4時間待ちは当たり前となっている状況であります。